目黒で交通事故に遭遇。考古学の感覚を認識。

目黒で交通事故に遭遇。
事故直後でなく、救急車到着後なので目撃でしょうか。
ああいう時、何かせねばとは思うのですが、何も出来る事がない歯がゆさが嫌です。
だからと言って只見ているのは迷惑でしょうから、
出来たら事故はもちろん事故現場にも遭遇したくないものです。
考古学は、ご存知の通り過去を探ります。
物であれ人であれ既に亡くなった物を調べます。
お医者さんのように生死の境に関わる事はなく、
それに比べれば遥かに気が楽な職業ではありますが、
その生死の境があるという感覚を持ってこそ
活きた考古学の研究が出来ると私は思います。

This entry was posted in レポート. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です