研究室でテレビの回転台を発掘した

相変わらず平日休みの日や、早く帰れる日は考古学研究室に
立ち寄ることが多い自分ですが、ただだべりに来ているわけではなく、
発掘調査があるときにはお手伝いに来ているんですよ。
先日も約60日間続いた調査が完了したところですが、撤収の手伝いをしてきたところです。
その時にテレビの回転台を発掘したのですが、教授に聞いたら
「誰かがいらないから持ってきたらしいが研究室にあるからいらない」
というのでいただくことにしました。
誰のかわかったら缶コーヒーでもおごろう。

This entry was posted in レポート. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です