幅と長さ」タグアーカイブ

事前にカーテンのサイズについて計っておく!カーテンを探しやすいし失敗もない!

失敗しないカーテン選びで最も大切なのは事前準備です!

カーテンの選び方で大切なのは、適切なサイズのカーテンを選ぶことです。
お部屋の窓に適切なカーテンを購入するためには、事前に必要なカーテンの幅と長さを知っておくことが必要です。

ホームセンターなどでお気に入りの柄や便利な機能のカーテンを見つけて購入しても、いざお部屋で合わせてみたら長さが余ったり、足りなかったりしては台無しです。
オーダーメイドのカーテンは自宅のカーテンレールの長さと窓の大きさを採寸してから購入することになりますし、既製品のカーテンは既製品の中からお部屋の窓に適切なサイズを選ぶことになります。
幅と長さを計ったら、それにあったカーテンを選ぶだけなので、失敗する確率もぐんと減ります。

どちらのカーテンを購入する場合でもホームセンターで購入するときに、「大体これくらいかな?」と大雑把に決めてしまうと、実際に取り付けたときに微妙な出来になったりすることもあります。
このような事態が発生して後悔することがないように、ホームセンターに行く前に事前にカーテンのサイズを測っておきましょう。

もう失敗しない!カーテンサイズの選び方

ホームセンターなどでカーテンを購入するまえにサイズを計っておくことで、お部屋にあったカーテンを探しやすくなりますし、失敗してがっかりすることもなくなります。
窓のサイズを計る時には、メジャーを用意してカーテンレールの固定ランナーからもう片方の固定ランナーまでの幅を計ります。
カーテンはピッタリにしてしまうと格好悪いので、採寸値に5%〜10%のゆとり分をプラスしておきましょう。
このとき、カーテンレールではなく窓の大きさを計ってしまったり、装飾レールの飾りも含めて採寸してしまうと、失敗の原因となるので注意しましょう。

しっかりと幅と長さを計ったら、実際にホームセンターでお部屋に取り付けるカーテンを選びます。

既製品は幅100㎝と幅150㎝が主流なので、採寸値+ゆとり分の長さに合わせて選ぶと良いでしょう。
既製品であったサイズがないときは、思い切ってオーダーメイドにするのもおすすめです。
既製品が合わないと寸足らず気味となったり、長すぎて野暮ったくなることもありますが、オーダーメイドは自分のお部屋のカーテンのサイズに合うものを購入できるのでおすすめです。

まとめ

ホームセンターなどで自分のお部屋のカーテンを購入する前には、しっかりとカーテンレールのサイズを計っておきましょう。
しっかり計らずに大雑把に買ってしまうと、せっかく気に入った柄のカーテンを購入しても、実際にお部屋の窓に取り付けてみたら寸足らずだったり長すぎて野暮ったくなったりと失敗の原因となります。
また、既製サイズのものの中からお気に入りのものを探しやすくなるというメリットもあるので、事前に計っておくことをおすすめします。