選び方」タグアーカイブ

カーテンの選び方で部屋の雰囲気が変わる!失敗がないように検討してカーテンを選ぼう

好みだけで選ぶことは危険

カーテンを購入するときには、自分の好みのカラーやデザインのものを選ぶ人が多いはずです。
この選び方自体が間違っているわけではありませんが、好みだけで選んでしまうと失敗しやすいことを理解しておく必要があります。
たとえば、リビングは家族の好みに合わせてモノクロで統一しているのに、カーテンだけ華やかな柄やビビッドなカラーを選んでしまうと悪目立ちする可能性が高いです。
反対に部屋は淡い色合いでまとめているのに、カーテンだけ落ち着いた色合いにするとカーテンが悪目立ちするという失敗を経験する可能性が高いと言えます。
カーテン単体で見たときの好みで選びたくなる人もいるかもしれませんが、魅力的だと感じられるものがあったとしても好みだけで選ぶことは危険だと覚えておくべきです。
選び方を失敗すると部屋の雰囲気を大きく損ねてしまい、センスが悪いと感じられる部屋になったり落ち着かない部屋になったりする恐れがあることを知っておきましょう。

部屋との相性を考えながら選ぶことが大事

部屋に取り入れるカーテンを選ぶときに失敗したくないのであれば、部屋の雰囲気との相性を考えながら選ぶことが大切だと言えます。
通販で購入する場合はインターネット上の画像と実際の部屋を見比べつつ考えることができますし、店舗で検討する際にはスマートフォンなどで撮影した部屋の写真と見比べてから選ぶと失敗を防ぎやすいです。
部屋の色合いやテイストなどを考慮し、自然とマッチするようなものを選ぶことが大切だと言えます。
機能性を重視して選ぶ人も多いはずですが、これを重視するあまり部屋とマッチしないという問題を経験する人も多いです。
好みや機能性を重視することは悪くありませんが、実際に部屋に取り入れたときにカーテンが悪目立ちすることがないか、他の家具やインテリア用品と調和してくれるかどうかを考慮することが大切だと言えます。
何となく決めてしまう人も多いですが、きちんと部屋の雰囲気を思い出したり、写真を参考にしたりしながら選ぶ方法がおすすめです。

まとめ

カーテンを選ぶときには好みのデザインやカラー、機能性で選んでしまう人が多いと言えます。
これらを重視することが悪いわけではありませんが、部屋の雰囲気と合うものを選んでいなければ購入してから失敗したと後悔することになるでしょう。
テイストが全く違うものを選べば、それまであった部屋の魅力が失われてしまう可能性も高いです。
部屋の雰囲気を損ねてしまうという失敗を防ぐためにも、部屋の雰囲気を考慮しながら丁寧に選ぶことを心がけることが大事だと言えます。

カーテンの色と柄を選ぶときの失敗をしないようにするコツ

カーテンの色はどうやって選ぶべきか

部屋に飾るカーテンの色と柄では、部屋全体の色を基準にして考えていくと失敗しにくいです。
その際に知っておきたいのが、色を体系的にあらわした色相です。
色相とは美術や液晶テレビなどでもおなじみの赤・青・緑のような光の波長の違いを意味するもので、その色相を輪っかのようにしたものが色相環です。
色相環を見れば、相性というものがよくわかります。
近くに位置しているほど色合いが似ていて、正反対にあるものは補色といって最もコントラストの強いのが特徴です。
カーテンの色と柄の選び方では、壁・床・天井の色との比較で考えていくのですが、色をはっきりと目立たせたくないのであれば色相環で近い色を選びましょう。
そうすれば調和しやすく気分が落ち着きます。
安らぎよりも活力を求めるならば、カーテンを補色にすると良いでしょう。
カーテンをアクセントにせず溶け込ませたいというのであれば同一色にしておくのが無難です。

カーテンの柄は部屋をどのように見せたいのかで決めよう

カーテンを購入するときの柄の選び方ですが、部屋をどのように見せたいのかを考えることが大切です。
柄が大きいとカーテンが強調されて部屋が狭く見えると言われています。
逆に柄が小さければ、部屋が広々としてスッキリとした空間になりやすいです。
あと、柄の色では暖色系は膨張色ということで実際よりも大きく、寒色系は収縮色で小さく見えるという特徴があります。
ですから、広々とした部屋に見せたいのであれば、小さい柄で寒色系の色のカーテンにしておくと良いでしょう。
あと具体的なデザインでは、横縞のボーダーが入っていれば部屋が横長に見えやすく、縦縞のストライプは縦長に見えます。
カーテンをつけることで、部屋の見え方を変えたいならば、そういう点に気をつけると良いでしょう。
あとは、自分の好みや季節を象徴する花や動物などを選んで構いません。
ただ、両開きのカーテンをするときには、左右の柄が合わせ目で一致しなくて見た目を損なうという失敗をする可能性があります。
オーダーメイドのカーテンならばその点を考えてつくっているから問題ありませんが、既製品だとそこまで手間をかけないので注意しましょう。

まとめ

カーテンの色と柄の選び方で失敗したくないならば、部屋の色とどのように合わせるのかを色相で考えましょう。
色相を近づけることで色は調和し、逆に遠ざかることでコントラストを強調できます。
さらに柄では、柄の大きさや縞の方向によって部屋の印象が変わるので、どんな部屋にしたいのかを考えてカーテンを選べば失敗しにくいです。
なお、両開きのカーテンは既製品だと、左右の柄が合わないという失敗も起きるので、その点に注意して購入しましょう。

カーテンを付ける部屋をどのように使っているか?を基準にしてカーテンを選ぶ!

リビングに適しているカーテンの選び方

カーテンは強い日差しから、大切な床や住宅設備などを守る役割をしています。
住宅が密集している地域ではお互いのプライバシーを守るために、カーテンは欠かせない必需品です。
カーテンは窓を覆う役割をしているので、面積が広く部屋の印象を大きく変えてしまいます。
カーテンの柄や色選びに失敗をしてしまうと、部屋の落ち着いた雰囲気が台無しになってしまうことがあります。
カーテン選びに失敗をしないためには、部屋によっても選び方を変えることが大事です。
リビングは家族が集まる部屋なので、一日の中でも使用する頻度が多い傾向があります。
リビングは明るい雰囲気の色や、柔らかい印象の素材を選んでおくと失敗が少ないです。
近くに専門店がある場合は実際に足を運んで、商品の素材やカラーなどをじっくりと比較してから購入しましょう。
大きめのサイズの商品は値段が高いので、慎重に時間を掛けて選ぶことが大事です。
ベージュやピンク、ブラウンなどの落ち着いたカラーが人気があります。

寝室と子供部屋のカーテンの選び方を教えます

寝室は睡眠や休息を取るための部屋なので、カーテンの色はブルーやグリーン系、ブラウン、ベージュ系などの落ち着いたカラーがお勧めです。
派手な印象の原色や柄などは、寝室には向いていないので選ばないほうが良いです。
部屋に応じた選び方を知っておくことで、カーテン選びの失敗を減らすことが出来ます。
快適な睡眠を得るためには遮音性、遮光性に優れた商品を選んでおくのがお勧めです。
カーテンは豊富な柄やカラー、素材などがありますが、寝室には落ち着いた印象の無地の商品が人気があります。
子供部屋の場合は人気のキャラクターなどの、子供が喜ぶデザインや柄のカーテンを選んであげることが大事です。
カーテンは色や素材選びに失敗をしてしまうと、後で後悔をしてしまうことが多いです。
部屋全体のカーテンを買い替える時は、まとまった金額が必要になるため、お店のスタッフにアドバイスを受けてみると良いでしょう。
信頼できる専門店を選んでおくと、経験豊富なスタッフが在籍をしています。

まとめ

カーテンは面積が広いので、部屋の印象を大きく変えてしまうことがあります。
カーテン選びに失敗しないためには、リビングや寝室、子供部屋などによっても素材やカラーなどを変えることが大事です。
部屋全体のカーテンを買い替える場合は、まとまった費用が必要になるため、お店のスタッフにアドバイスを受けてみると良いでしょう。
部屋の壁や床などに合うカラーを選んでおくことで、失敗が少なくなります。
お店のスタッフは専門的な知識を持っているので、まずは相談をして下さい。

事前にカーテンのサイズについて計っておく!カーテンを探しやすいし失敗もない!

失敗しないカーテン選びで最も大切なのは事前準備です!

カーテンの選び方で大切なのは、適切なサイズのカーテンを選ぶことです。
お部屋の窓に適切なカーテンを購入するためには、事前に必要なカーテンの幅と長さを知っておくことが必要です。

ホームセンターなどでお気に入りの柄や便利な機能のカーテンを見つけて購入しても、いざお部屋で合わせてみたら長さが余ったり、足りなかったりしては台無しです。
オーダーメイドのカーテンは自宅のカーテンレールの長さと窓の大きさを採寸してから購入することになりますし、既製品のカーテンは既製品の中からお部屋の窓に適切なサイズを選ぶことになります。
幅と長さを計ったら、それにあったカーテンを選ぶだけなので、失敗する確率もぐんと減ります。

どちらのカーテンを購入する場合でもホームセンターで購入するときに、「大体これくらいかな?」と大雑把に決めてしまうと、実際に取り付けたときに微妙な出来になったりすることもあります。
このような事態が発生して後悔することがないように、ホームセンターに行く前に事前にカーテンのサイズを測っておきましょう。

もう失敗しない!カーテンサイズの選び方

ホームセンターなどでカーテンを購入するまえにサイズを計っておくことで、お部屋にあったカーテンを探しやすくなりますし、失敗してがっかりすることもなくなります。
窓のサイズを計る時には、メジャーを用意してカーテンレールの固定ランナーからもう片方の固定ランナーまでの幅を計ります。
カーテンはピッタリにしてしまうと格好悪いので、採寸値に5%〜10%のゆとり分をプラスしておきましょう。
このとき、カーテンレールではなく窓の大きさを計ってしまったり、装飾レールの飾りも含めて採寸してしまうと、失敗の原因となるので注意しましょう。

しっかりと幅と長さを計ったら、実際にホームセンターでお部屋に取り付けるカーテンを選びます。

既製品は幅100㎝と幅150㎝が主流なので、採寸値+ゆとり分の長さに合わせて選ぶと良いでしょう。
既製品であったサイズがないときは、思い切ってオーダーメイドにするのもおすすめです。
既製品が合わないと寸足らず気味となったり、長すぎて野暮ったくなることもありますが、オーダーメイドは自分のお部屋のカーテンのサイズに合うものを購入できるのでおすすめです。

まとめ

ホームセンターなどで自分のお部屋のカーテンを購入する前には、しっかりとカーテンレールのサイズを計っておきましょう。
しっかり計らずに大雑把に買ってしまうと、せっかく気に入った柄のカーテンを購入しても、実際にお部屋の窓に取り付けてみたら寸足らずだったり長すぎて野暮ったくなったりと失敗の原因となります。
また、既製サイズのものの中からお気に入りのものを探しやすくなるというメリットもあるので、事前に計っておくことをおすすめします。